2397年6月16日月曜日

休止ではなく引退!!!

(これは本当は2016年6月16日の記事なのですが、このブログが一向に更新されない理由が一番上にあった方が単純にわかりやすくていいのではないかという思いに至り、未来日記に変えました)




特化11で御破算・万有・七代の神罰・鎌鼬の術・天翼召喚など多くの全体攻撃が導入されましたが、残念ながら筆者は、この傾向に全く賛同出来ませんでした。

そして、導入からなかなかの時間が経過しましたが、何だか未だにこれらを受け入れることはできないため、とりあえず信Onを引退することにしました。

例えば激情目的で能楽がもてはやされるという状況も、何かがものすごく間違っているような気がしますし、他にも困った部分は言うまでもなく様々あるわけですが、この横削りゲーム化傾向は、それらの話題とは一線を画したい気がします。「敵を基本的には1体ずつ倒していく」という部分を変えてしまうのは、良い悪いということではなく、個人的には信Onを別のゲームにしてしまうという変更だとさえ思っています。上覧という「旗を最初に当てた方が勝ちのゲーム」が一番好きなコンテンツだった人間にとって、このゲームを横削りゲーム化していく方針は、理解ができません。上覧が「旗なんか関係無い、全員同時に殺せばいいのだ」でも本当に面白いのでしょうか?

名前だけは「信長の野望Online」のままですが、中身は別物になったという印象です。筆者にとってはどう見ても違うゲームなので、これもやるかどうかを考えた結果、この信Onはやらないことにしただけです。

よって、都はるみ的な復活の可能性は完全に否定出来ませんが、もしそれがあるとすれば、それは、また別の信Onにゲームが変化したときなのかもしれません。信Onの中のPvP要素として一番面白いのは実は今は家臣上覧なのかもしれませんが、報酬が世界ゲーム史上最低のクソですし、家臣上覧が開催されていないときは家臣上覧ルールで家臣徒党の戦闘ができないという絶望的な環境なので、それ目的で信Onを続けるというのはさすがにナンセンスです。いまや、ヨソで無課金でかなり暇が潰せますしねえ。





前の記事で「とにかく次シーズンも伊賀で頑張ることに決めました」などと書きましたが、筆者が引退するまでの間に、そもそも次シーズン自体が始まりませんでしたので、頑張ることはできないということになりました。

前記事といえば、そこには「次シーズンが始まったらブログを再開するかどうかはまだ決めていません」とも書いていました。悲しいことに、その記事に対する「再開してほしい」という旨のコメントはゼロでしたが、実は、ゲームの中の対話で、再開を待っている主旨のお言葉を2度いただいたことがありました。しかしゲームを辞めてしまうとこのブログに書くことも基本的に無いはずですから、当然ブログ再開もないでしょう。従いまして、ただただその2人の方にだけは、大変申し訳なく思っております。ご期待に沿えなくてすみません。書く内容がないのです。





無名ブログゆえに、ブログを続けられないということで謝罪すべき方は2名だけですが、ゲームを続けられないということでご挨拶すべき方々は当然もっとたくさんおります。

中でも、

一門「はこにわ」の某様。度重なるわたしの休止の際にたった1人で一門を消滅の危機から守っていただきありがとうございました。たった1人だけで徳川の某有名一門を相手に四天王貢献1位を獲得した逸話は、誇張抜きで伝説に値します。

何回か前の上覧の後1週間ぐらい休息のためインしなかった間にそれまで参加していた私設会話の中身がすっかり誰もいなくなってしまって孤独極まって途方に暮れていた筆者を拾ってくれた某様と、某様に入れていただいた私設の中の方々。ゲームが下手で笑いのツボがおかしいわたしを仲間に入れていただき、まことにありがとうございました。かなわぬ夢であるはずの上覧報酬の皿を手に入れることができたのは皆様のおかげです。お陰で思い残すことなく引退出来ることになりました。激怒のポイントは違うかもしれませんが、いずれにせよ今の運営を思うとボイコットや引退をしたくなる人間の気持ちだけは理解していただけるはずと勝手に思っております。



というわけで、挨拶すべき方々の中で、今現在ゲームを続けている方となりますとこの上記の方々となります。他の近しい知人は全員筆者より先に引退してしまいました。ただし、知人友人と呼んでしまうのは厚かましいのかもしれませんが、「しょうもないイベント」シリーズに参加していただいた方々も、わたくしは一方的に知人と勝手に思っております。貴重な時間をくだらない遊びにつきあっていただきありがとうございました。なお、もののふの日を利用して「PV○万人突破記念イベント」をやろうかなという気持ちが少しだけあります(やらないかもしれないけど)。それで、残っている貫をバラマキしてから完全に引退しようと思います。イベントの告知はここでやりますので、どうぞ貫を持って帰って下さい。

また、筆者は結構野良メインで遊んでおりましたので、野良徒党でご一緒した方もたくさんおります。皆様ありがとうございました。何人かファンの方がおりましたが、ついにこの恋心(?)は告げず終いでございました。今パッと思い出せるところでいうと、一時期攻城戦を募集するとなぜかいつも助けてくれた色々な職をお持ちの方と、週刊秀吉D5体を募集するとよく参加してくれた武士の方は、ファンでした。





さすがにここまでテキトウなことをやっているとみんな辞めるぞということを運営に教えてやらないといけないと思うので筆者は辞めますが、続けておられる方々のために、とりあえず、ものすごーく上覧関係(対戦バランス・報酬・その他いろいろの面で)にテコ入れが入ることをお祈りいいたしております。








さようなら。

2017年5月28日日曜日

上覧を観戦してきた

お久しぶりです。多分まだ生きております。ベッケルでございます。




実は、今月の上覧の週にこっそりインしつつぼちぼち観戦しておりました。


つぶやているから、こっそりでもないか。





感想としてはとりあえず次の2つ。


「10戦で終わり」について>1位に10勝0敗が複数並んでいる結果はやはりなんだか寂しい(最強を決めてほしい)。

みんなはどう思うか聞いてみようかしらん。




「与ダメさらに半分」について>密教の八大ほぼ必須の状況を生んで徒党構成のバリエーションを事実上しばるように思えて、ほんのりつまらない。

これも聞いてみようかしらん。





そんなわけで、あくまでも個人的な独断と偏見とドクダミ茶による上覧の特化別有効度は、筆者の頭の中だけではこうなりました。






















あくまでも筆者の頭の中では、「もし軍無しでも密教だけは欲しい」と思えるので、ということは引退者の机上の空論において、優勝が密教になりました。おめでとうございます。

ちなみに鍛冶のBとか詠唱とかは、よくわからないので並んでいるだけです。筆者の頭の中ですから。



んで、密教必須が筆者の妄想ではなくてマジだとするじゃないですか。

だとすると、回復が密1でいいとはとても思えないので、自動的に回復2枚構成になるわけじゃないですか。

だとすると、詠唱が1必要だとすれば、残りはベタに考えると盾2アタ2か盾1アタ3しかないような気がするわけです。

回復1枚でもイケるバランスにしてもらわないと「いろんな徒党がいて面白いねえ」という声がもらせないなあと思うわけです。それだけです。ナマイキ言ってスミマセン。




あと、回復のAランクに修だけじゃなくて医が入るのも密教必須のせいです。黒縄という意味です。

あと、アタのAが陰陽師3特化だけなのは、筆者がおんも士気玉を超重要視しているからというだけです。他に深い理由はありません。何しろ筆者の頭の中ですから(くどい)。

あと、アタのCですが、主砲が守護抜けない芸は以前よりキツイ気がするのでとりあえずここにしましたが、「凶変徒党に一刀流芸、とりあえず敵を動けなくしてから殺す」、とかやり方はまだあると思います。忍者は考えるのが面倒なんで、「そもそも準備止めのスペシャリスト」という固定観念からここに置いておきました(突然の石頭)。んで芸と同じはずの近接の演が1個上なのは、依怙贔屓です(何だそれ)。

あと、詠唱職は、いよいよ火力支援(自ら殴るにせよアタを強くしてあげるにせよ)が大いなる裏のテーマとなっている気がしますので、この枠に殺陣を入れるのもありかもしれません。








そんなこんなを考えていたら、1回今の上覧もやってみたいなあという気が少し起きてきました。

わたくしの引退理由はこの記事によると「強めの全体攻撃をたくさん導入したので上覧がつまらなくなったバーカバーカ」ということのようですが(他人事かよ)、

単体版しかない八大を入れないと事実上は敵が死なないという仕様を導入することによって、運営はこの問題を解決してきたようです(多分そのためではない)。

「そうかそうか、そんなにわたしに復帰して欲しくて、横削りで一斉に敵を殺すことを出来なくしたんだな」と思い、思わず課金しかけましたが、

あることがわかり、すんでのところで思いとどまりました。

なんと、

課金しかけたのがちょうど、

帰参者キャンペーン終了直後だったのでした。

ほんの数日遅かった・・・。



復帰やめました(*´∇`*)          - 完 -

2017年5月12日金曜日

今週何があったのか

今週ロシアからのページビューが異様に多いけど、これは何でしょう。怖いやつですか?
















ググってみたら似たようなことを言っている人がいたので続きを読むと、全部スパムだったとか言っているのですが、意味がよくわからないので、超そっくりな今田耕司のモノマネで「ヨイショー」と言って寝ることにします。おやすみなさい。