2015年1月18日日曜日

覚醒の章の殺陣のボス実装を考えてみた

まずどんな技能があるか確認してみます。

ちなみに筆者は、殺陣は基本的にはアタだと思っている派です。


攻撃
飛刀十文字(特10)味方の力を借りて間接物理攻撃を行い、妖術攻撃耐性を低下させる。
     ・・・主砲1。物理主砲。
宿命~辰星(特8)味方の力を借りて強力な術攻撃を行い、物理攻撃耐性を低下させる。
     ・・・主砲2。術主砲。
白刃双破(特7)味方の力を借りて、強力な近接攻撃を行う。




詠唱
導音~詠花(特7)二人連携。特定の回復・治療技能と連携し、回復を行う。
導音~奏水(特3)三人連携。特定の回復と治療技能と連携し、回復を行う。
     ・・・乗ってもらうタイプではありますが、二者詠唱です。使いづらい。
辰星・煌(特9)味方の力を借りて妖術攻撃を行い、共演者に詠唱付与。
     ・・・詠唱と同時に攻撃もできるとはいえ、玉3つ使うのは痛い。使いづらい。



気合管理
吉祥の謡(能楽6)場に気合消費量減少の地勢を宿らせる。効果・小
     ・・・消費気合を15%減らす。自分がアタ枠で、詠唱役が能楽のときは不要。
×意気衝天・四(上級5)味方全体の気合の回復を早くする。効果・特大
     ・・・知力か魅力が613以上あると気合回復量はキャップに届いて「意気衝天・四」は無意味となるらしい。
×与気合・参(外連5)自身の気合を味方に分け与える。効果・大。



S・KP・Y
御太刀神息(特3)任意の味方1人を選び、協力して近接攻撃を行う。攻撃対象を麻痺状態にする。
全体看破・弐(上級3)敵全体の属性付与効果を二つ打ち消す。
双襲殺(特9)味方1人の力を借り、対象の結界を解除。


その他の敵妨害
絶縁の睨み(上級8)敵全体に、地勢、四象の効果を受けない状態を付ける。
矛無しの睨み(上級6)敵全体の槌効果を解除する。
四空の舞(上級5)場の全ての属性を徐々に0に近づける。
教唆扇動(上級10)敵単体の標的固定耐性を下げる。
初心不可忘(上級10)敵と味方の士気効果を打ち消し、士気を0にする。
     ・・・強力な陣営技能を持つ敵に。




味方強化等
啓示~光耀(特10)二人連携。属性付与技能と連携し、味方全員の能力を上昇。
     ・・・鍛冶の青付与や神職のいろいろな付与を徒党全員に配れる。うまく使えば強い。
鬼の化粧鬼神化粧(上級9)陣営技能。敵に与えるダメージを増やし、受ける呪詛の効果時間を減らす。
鼓舞激励(上級10)味方の士気を増加させる。味方の人数が多いほど、効果が高くなる。
     ・・・能楽ならば手が空いたときにこれをやるのもいいが、殺陣は基本的には攻撃した方がよさそう。
雲外蒼天(上級4)味方全体の攻撃目標ランダム化を解除する。
      ・・・道場ボスの「暴食の大海王」のようなランダムしてくる相手と戦うときのみ入れる。
禁獄~咆哮(特8)敵単体の注意を味方1人に一定時間引きつける。また、自身の標的度を味方1人に移動させ、その味方の標的度を上がりやすくする。
     ・・・メッキ。
堅陣の謡・弐(能楽4)場に近接ダメージ減少の地勢を宿らせる。効果・中。
     ・・・防御力アップ目的で。敵軍にのみ近接物理アタがいるときがよい。
向風の謡・弐(能楽5)場に間接ダメージ減少の地勢を宿らせる。効果・中。
     ・・・防御力アップ目的で。敵軍にのみ間接物理アタがいるときがよい。
激戦の謡・弐(能楽4)場に近接ダメージ上昇の地勢を宿らせる。効果・中。
     ・・・攻撃力アップ目的で。自軍にのみ近接物理アタがいるときがよい。
追風の謡・弐(能楽5)場に間接ダメージ上昇の地勢を宿らせる。効果・中。
     ・・・攻撃力アップ目的で。自軍にのみ間接物理アタがいるときがよい。
( )祭の舞・参(上級1)場の( )属性を徐々に上げる。効果・大。(+舞衣・弐(上級6)自動発動。四象を操作した際に一定値を加算する。効果・中)
     ・・・これで陰陽道のダメージアップが狙えるが、殺陣はいまやアタなので、これに手をかける分のターンがあれば単純に自分が攻撃した方がいいかも。
星霜清浄(上級10)味方全体の連歌、特殊効果、結界不可を解除する。



自己強化等
×黒衣化粧・弐(上級4)対象の標的度の上昇を緩和する。効果・中
     ・・・沈黙解除に使えるが、薬でいい。



自動発動系
一片氷心(特8)強制的に目標を変更する技能への耐性が上がる。
剣舞の妙(特7)剣術極意と、回避術極意の効果を得られる。
序の舞(上級9)自身の呪詛に対する耐性を上げる。
爆鳴(上級9)長鳴の効果に加え、四象・地勢無効技能の効果時間を延長。
花形役者・弐(上級4)すべての属性値と気合回復速度を上げる。効果・中。
存命術応用(心得4)生命力が低いとき、防御力が上昇する。効果・中。
剣気猛迫(上級8)剣気隆盛と、命中術極意の効果を得られる。
×夜叉面(上級7)自身の近接攻撃に属性ダメージを追加する状態をつける。
     すぐ消えるので雑魚狩り用。ボスでは使えない。
一刀流(剣術4)刀剣を一本だけ装備すると、攻撃に気合ダメージを追加。
反撃術極意(剣術3)攻撃を避けると、一定確率で反撃する。確率・大。
早拍子(演舞6)戦闘開始時、味方全体の速度を上昇させる。
その他拍子系(演舞)





というわけで

必須~ほぼ必須
飛刀十文字、宿命~辰星、御太刀神息、全体看破・弐、双襲殺、一片氷心、導音~詠花、吉祥の謡、追風の謡・弐

入替候補
剣舞の妙、剣気猛迫、一刀流、その他自動発動系、鬼神化粧、禁獄~咆哮、堅陣の謡・弐、絶縁の睨み
このぐらいです。


自分以外にやっている人を見たことがありませんが、アタ殺陣は飛刀十文字が主砲だと思うので、敵に間接物理アタがいなければ追風の謡・弐で与ダメアップするのが有効だと筆者は考えます。




あとは奥義。








奥義
詠唱・回復系
導音~唱雪(特8)2人連携。特定の回復・治療技能と連携し、味方全体を回復する。また、共演者を詠唱付与状態にする。
     ・・・沈黙からの立て直しに超有効。
導音~開花(特10)2人共演。特定の回復技能と共演し、味方全体に回復、解呪、合掌を行う。さらに一定間隔で同効果を得られる。
     ・・・これも沈霧くらっても使えるのなら◎に変えるが、寄合見ても不明なのでとりあえず○にしておく。
導音~吟星(特5)二人連携。蘇生と連携し、味方を継続回復状態で蘇生。
     ・・・これも決して悪くはない。死んでいる人を全員一斉に蘇生できる。

攻撃系
宿星~灼光(特7)味方1人の力を借り、敵単体に強力な無属性術を放つ。
     ・・・攻撃の奥義を入れたい場合はこれがよさそう。あとは使いづらい3人連携しか無い。
桜花~太刀風(特6)三人連携。特定の物理攻撃と連携する非常に強力な攻撃。
宿星~夢幻(特5)三人連携。特定の物理攻撃と妖術と連携する強力な攻撃。



おかしいところがあったら教えて下さい。





殺陣は、攻撃力が高いにもかかわらず、s、kp、yが全て揃っていて、なおかつ一片氷心も持っているという非常に優秀なアタッカーです。しかし、弱点もあります。やはり、主砲とs技能とy技能がすべて共演技能だというのは、非常に大きな弱点だと言えると個人的には思います。コマンド時の忙しさ(咄嗟に出しにくいsって!)もさることながら、他職は本人が行動不能になったときしか行動キャンセルされないのに対し、殺陣は本人か共演者のどちらか片方が行動不能になってしまえば行動キャンセルに陥るというわけですから、この信On界最高の繊細さはやはり大きな弱点の一つだと言えると思います。

しかし、そういった面をどう補うかいろいろ考え、試行錯誤しながら戦うところに、殺陣使いの楽しみはけだし見いだされるのでしょう。

例えば、主砲の飛刀十文字は、技能の性質上、盾鍛冶を共演者として選ぶのが普通に考えれば最善です。しかし、痺れを伴う攻撃を頻繁に繰り出す敵と戦う場合なども、そう考えていいでしょうか。攻撃技能自体を別にするか、または共演者を変えるか、または鍛冶共演でそのまま攻撃して構わないか。とまあこれは一例ですが、そういった自分以外の徒党員の身に起こることも踏まえつつ戦わなければならないというところにも、殺陣を使う面白さはあるのだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿