2016年4月12日火曜日

PV4万人突破記念 集団おむすびノックイベント

こんばんは。ブログ休止中にもかかわらず、どうやら休止前とそれほど変わらぬ数の来訪をいただいているようで、毎晩「感謝の舞」を欠かさず踊らずにはいられないBeckerでございます。


お久しぶりでございます。生きております。生まれてすみません。



お陰様で休止中にいつの間にかPV4万人を超えていました。ありがとうございます。さて、ご存じの方がどれほど居られるか存じませんが、当ブログでは、PV1万人ごとにクソしょうもないイベントを開催することが恒例になっておりまして、現在休止中だからといって、この4万人の折に何らかのイベントをやらないのはいささか気持ち悪い、略して「イサキモい」(こんな略は誰にも通じないぞバカ)という心境を筆者は抱えております。



実は、以前ある場所におきまして、「次のイベントは、クイズか道場タイマン」という予告をしたことがあったのですが、さすがにブログ休止中にそれはやる気がおきませんので、ちょっと嘘つきになってしまいますが、予告とは別のショボさ極まる別イベントをやってお茶を濁しておこうと思います。今回は何らかの王を決めるイベントは行いません。ご了承下さい。



突然ですが、筆者は、貢献度目的のおむすびノックをしている際、周りにも数人同じことをしているらしき方がいると、ちょっとツボってしまいます。あのモニョモニョという動きをしている人が複数人いる絵面が、何だか笑えてしまうのです。そして、もっと数が多いともっと面白いのではないかという推測から、こんなイベントをすることにしました。






集団おむすびノックイベント



日時:4月15日(金)22:00ごろ

場所:安土・瞬の、道場の向かい側の茶店の付近。

内容① 22:00少し前に現地に集合し、おむすびノックの材料を買って、そのまま待機します。

内容② 22:00になったらBeckerが恥ずかしさに耐えつつ「スタート!」と叫びます。1人も参加者がいなくても孤独に叫ばせていただきます。

内容③ みんなでおむすびをノックします。集団モニョモニョ。

内容④ イベントを知らない人から「何ですかこの群衆は?!」と問われても、ツーンとします。良心が痛んでもグッとこらえます。

内容⑤ 終わったら、何ごともなかったかのように、各々消えて行くのみ。

イベント私設:ありません。無言で集まって無言で消えていきます。

何が面白いのか?:自分でもわかりません。すみません。変態なのかもしれません。








なんだこのイベントは!!!!


真田イベ中に誰か来るはずねえだろ!!!


Becker死ねばいいのに!!!!






そうなのです。このイベントは、イベント史上最大級の「どうでもよさ」に満ちています。それゆえ、当ブログのイベントお得意の黄金パターン=「誰も来ない」というケースがいつも以上に大いに予想されますが、その場合も、それはそれで報告記事がセツナテイストに方向性が定めやすいため、人が来るのも来ないのもどっちもありという気持ちなので、心配は無用です。ただし、大勢でいっせいにおむすびノックでモニョモニョするのを、死ぬまでに1度は見たいというのが当方小学生の頃からの夢でありますので、とりあえず多数の参加をお待ちしております。






宣伝してくれてもいいんだよ!!!








---------------------------------------------------------

(追記:当日レポ)

当日インしますと場所がもう安土・瞬でしたので、まずは時間までキャラ放置。何もやらない方がいいのです。当然のことながら主催者自ら「何かやっていたせいで遅刻」は最悪ですからね。というわけで読書しておりました。

・・・

・・・

・・・

・・・ヤバイ! ふと気付くともう2分前ではないか! ルールが無言で集まって無言で消えていきます」ということだったので始まる前に何となくスーッと集まった方がいいかなと思っていたため、会場の茶店前まではまだ移動していなかったのでした。急いで走ります。







到着すると、人はいますがその方々が参加者かどうかは全然わかりません。と、ほどなくして22:00。やぶれかぶれで叫びます。







すると、自分以外にもモニョモニョ動く方がいますwwwwww

自分1人だけではありませんでしたw









・・・まあ、ノックするだけで何もありませんw

とは言え、個人的には、参加者かどうかわからない周囲の人が開始と同時にノック的モニョモニョ動きになった瞬間辺りは、かなり面白かったですw 中で笑ってましたww と同時に、ありがたさで感動してちょっと泣きそうでもありました。









高額(?)賞金を出しても自分ともう1人の合計2人しかいないイベントもあったので、何ももらえないイベントに来ていただいた方にはただただ感謝しかありません。何しろ無言で集まって無言で消えていきます」というルールだったので、失礼とも思いましたが、その場で参加者の方々にお礼の言葉をかけたい気持ちをグッとこらえて無言で去りましたので、この場で感謝申し上げます。



ご参加いただいた方々、本当にありがとうございました。




まだノック中の参加者がおられるにもかかわらず、主催者の筆者が無言ダッシュで消えていくという、本当にラストまでクソなイベントでした。さすがに今回ばかりは来た人後悔してるんじゃないか・・・。








あと、どなたかが作ったらしいこの日のイベント動画を発見したので、無断で貼っておきます。





動画もクソじゃねーか! (後記:クソすぎて配信終了いたしました)




次回は伊賀復活後にお目にかかりましょう。日記だけはアメカサ別館でやっております。それでは、さようなら。







----------------------------------------------------------
(追記)

ブログで取り上げていただきました。

黒白混淆(メイソウアマソウX)様   ルールは守られた

2 件のコメント:

  1. 参加したおんみょー2016年4月16日 19:44

    昨日は、おつかれさまでした!
    開始10分前から、いまかいまかと様子をうかがってました。
    なかなか来ないので釣られたのかと、ちらっと思いましたが
    遠巻きに見てたらTさんが茶店前で正座してたので
    ひとりじゃないんだな。と少しほっとしました。

    開始の大声聞いた瞬間、だいばくしょーさせてもらいました。

    最初、連射パッドでにぎにぎしてたんですが
    これは主催者の意図と違うのではないか。と
    勝手に解釈してボタン連打に連打を重ねておりました。
    みなさん静かに握ってましたが、どうにもこうにも
    ツッコミどころ満載で、思わずチャットしそうになりましたが
    ぐっとこらえました。
    無言だったにもかかわらず、笑いと鼻水が止まりませんでした。
    ただただニギニギしてんのに、なにがそんなにおもしろいのかと聞かれても
    これ!っていう答えはでませんが(笑)ただただおもしろかったです。
    ハーゲンダッツ食べながらやってたんですけど
    手動連打のため、途中アイスの存在を忘れてしまい
    気が付いたら流動食になってました。

    なんでか知らないんですけど、気づいたら一人でした。
    ぼっちで取り残された自分にも、ばくしょーしてしまいました。

    みなさん、ノック早かったです。
    …もしや、連パでよかったのか…?

    ともあれ、無言イベントとか斬新すぎて、すごく楽しかったです。
    後悔なんか…していないッ!

    おつかれさまでしたー!

    返信削除
    返信
    1. >参加したおんみょーさん

      昨日は参加いただき本当にありがとうございました。
      なんだか勝手に自分の頭の中で、
      「開始直前にどこからともなく湧いてきて、終わったらスッといなくなる」
      というイメージだったので、最初から現地に行かなかったのですが、
      結果、不安にさせてしまい、申し訳ありませんでした。

      笑える瞬間が1箇所でもあったのならば、何よりでございます。
      もう、それ以外にこのイベントをやる意味は何も無い、というイベントなので。

      チャットしたい誘惑にはわたしも襲われたのですが、
      例えば外国の「ノーパンツ・サブウェイ・ライド」とかも
      みんなツーンという感じで黙って地下鉄に乗っているからいいのではないか、と
      思い出し、ギリギリ思いとどまりました。

      他の方はわかりませんが、わたくしは連射パッドで楽々コースでした。
      わたしは連打が必要な場面以外は、基本的にキーボード操作なため、
      連打だとEnterキーが死んでしまうので、
      連射パッド以外の選択肢は頭に全くありませんでした。

      アイスは弁償できませんが、楽しんでいただけたようで何よりです。
      何しろあんなイベントだったので、
      他の方がどう思っていたのかがとても心配だったため、
      このようなコメントをいただけて、とても嬉しいです。
      連打お疲れ様でした(わたしはパッドまかせで画面を見ていただけだけどw)。
      またどこかでお会いしましょう。

      削除